スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【英国見聞録 No.4】ビートルズ

イギリスがEUを離脱することが国民投票で決まり、大混乱になっているようです。
まさか今年がヨーロッパ史上歴史的な一年になるとは思いもよりませんでしたね…
しかしこの円高水準、いまイギリスに行きたかったです

さて、きょうは1966年に"The Beatles"が来日してからちょうど50年になる日だそうです。
せっかくですので、今回の英国見聞録は、ビートルズについてお話ししたいと思います。

日本でもいまだに絶大な人気を誇り、現代の数々のミュージシャンたちにも影響を与えてやまないビートルズですが、その発祥の地は言わずもがな、イングランド北西部の港町リヴァプールです。


Liverpool Lime Street station
リヴァプールの鉄道の玄関口、ライム・ストリート駅。
大きなアーチ形天井、外光をふんだんに取り込むガラス張りなど、日本にはなかなかないデザイン

Mathew Street

Mathew Street

Mathew Street

Mathew Street
ビートルズファンなら誰もが知る、リヴァプールの繁華街マシュー・ストリート。
その一角にある「レノンズ・バー」の入口には、有名な"Imagine"の歌詞が掛けられていた

Mathew Street

Mathew Street
ビートルズがデビュー前の日々を過ごした「キャヴァン・クラブ」。元の場所のすぐ近くに再建されている。
店の脇に、レノンがなんだか当たり前のように寄りかかっているのも、またいい。

Beatles Story
ここもマシュー・ストリート…と思いきや、これは港湾再開発地区アルバート・ドックにあるビートルズ記念館「ビートルズ・ストーリー」の館内。
ビートルズが生まれたころのマシュー・ストリートを再現している

Beatles Story

Beatles Story

Beatles Story
「ビートルズ・ストーリー」は、ビートルズの足跡を数多くの再現セットを使って紹介している。
スタジオの片隅に張られた"This Week's Top 10"には、かの有名な「スキヤキ」の文字が。
(坂本九の「上を向いて歩こう」のイギリス版。実際に1962年の全英チャートで10位にランクインしているそう)

Beatles Story
来日から50年。館内には、50年前の7月、日本武道館でのコンサートがあったことをちゃんと紹介している

Beatles Story
レノンが愛用したピアノ。小さな博物館だが、展示品も充実している

Beatles Story
"Imagine"のイメージブース。オノ・ヨーコの芸術性も垣間見え、レノンとヨーコの平和活動まで知ることができる。
ヨーコの話となると、不思議と親近感がわいたものだ

Liverpool
ビートルズ・ストーリーにほど近い広場にある4人の等身大銅像。なかなかの迫力である

Liverpool
アルバートドックにかかる鎖には、いたるところに無数の南京錠が掛けられている。
「未来への堅い愛情」を願ってこのように南京錠をはめるのが流行したそう。
鎖の保守には手を焼いているそうだが…


ビートルズファンとしては、やはり発祥の地を訪ねれたことは大変感慨深いものでした。
ロンドンのアビー・ロードに行けなかったのが今でも心残りですが、それはまたどこかで得られるであろう次の機会に回すことにします。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てつた

Author:てつた
KR鉄道館

元駅員さん。
社会人2年目の、法学部卒
へっぽこ新米プログラマー。
たまには旅に出たい。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。