スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉並区の自転車対策に喝!!!

大学に出す卒業証明書を受け取りに、杉並区内某所にある、高校の最寄り駅を降りた私。
駅前にいたのは、放置自転車撤去の青いトラック。
撤去業務は民間の運送会社に委託してるのよね。
まあ、普段からよく見るトラックなのだが。

そのトラック、何故か派手にBGMを流し、時々女性の声でこんなアナウンスが入る。

「駅をご利用の皆さん、駅前に、自転車を放置しないでください!
  放置された自転車は、随時撤去します」


「放置しないでください!」と、わざと感嘆符をつけて言ったのは、
そこの部分のアナウンスが、ほとんど命令口調的な感じにさえ聞こえる。
いつからそんな上から目線になったんだよ役所は!黙ってろよ!…

…そんなことはどうでもいいw


確かに、駅前の放置自転車は駅を利用する人々の交通の妨げになる。
特にその高校の最寄り駅などは、都立盲学校の最寄り駅でもあることから、駅から盲学校まで道に点字ブロックが並べられており、その上に自転車が置かれるなどと言うことはもってのほか、それこそ大事故につながりかねない。

しかし、私の住む杉並区の自転車対策は、「放置自転車対策」と銘打っておきながら、どう考えても自転車利用者から金を巻き上げるような仕組みにしかなっていないのである。
他の自治体がどうなってるかまで調べる暇はないので、今回は身近な例だけを挙げて述べたい。



まず、駅前に放置され、先だってのトラックに乗せられて集積場へ運ばれた自転車を返してもらうためには、数千円の「撤去・保管費用」という名目の金がかかる。
近所にその放置自転車の集積場があるが、区民からそれで大量に巻き上げた金で潤っているのか、頑丈なフェンス、管理人配備、そして警報装置作動中という厳重警備になっている。それを見ると、放置自転車対策を本当にしたいのか、自転車を置いただけでその人を犯罪者扱いしたいのかもわからなくなってくる。



…では、撤去されたくない。
そういう、家から駅までが遠い自転車ユーザーのために、駅前に区立駐輪場は、確かにあるにはある。
ところが、どの駐輪場に止めても、駐輪料金として100円/日を取ってくる
区立駐輪場には深夜を除き管理人が常駐しており、深夜は施錠されるというから、その管理費ということでその駐輪費用を正当化するつもりなのか。

さらに。
自宅の最寄り駅の駐輪場には、定期利用エリア(4,000円/年)と一時利用エリアがあるが、
その一時利用エリア、駐輪料金は取らない代わりに、なんと3時間までしか止めさせないのである。
それより長い時間止める人は、他の駅の有料一時自転車置き場を使いなさい、だって。
おかげさまで、電車に乗るために最寄り駅の駐輪場が利用できず、わざわざ隣の駅まで毎回自転車を走らせることを強いられている。

最寄の駅の自転車置き場を使わせてくれない。
いじめかよ!!!!!

放置自転車が、他の交通の妨げになっている、だから対策をするんだ、というところまでは納得がいく。
しかし、真剣に放置自転車対策をするのであれば、きちんとした代替の自転車置場を、駅を利用する自転車ユーザー全てが使えるように確保するのが、条例を定める役所の義務ではなかろうか。

そのためにだ。

一時利用の自転車置場に管理人など要らない。管理人など置かなくていいから、駅前駐輪場を無料にすべきだ。
鍵まで掛けて置いた自転車が盗難に遭う確率なんてそうそう高くない。
治安が悪いなんて言ったって他国に比べれば格段にいいわけだし、むしろマスコミが不必要に不安を煽っている一面もある。
そんな小さなリスクのために、毎回毎回100円の出費を強いられるとか、正直馬鹿らしい。

どうしても盗難が怖いのであれば、管理付有料駐輪場を別に作って、そこに止めさせればいい。
これは民間サイドでもできることだ。
現にリパークなどが個別ロック式の有料駐輪場を繁華街近くの駅などで運営している。
金を取ってまでして管理付有料駐輪場を区が運営する必要など、どこにもない。

そこで、地代だの税金だのうんたらと言うのであれば、国が動けばいい。
国も国で、自転車に対しては、道路交通法も含めて今までまともな施策をとってこなかったのだから、震災を受けた今こそ国を挙げて見直すときではなかろうか。

都市部の渋滞や大気汚染を防止するためにパークアンドライドを推進してるドイツでは、郊外の「車⇔電車」の乗換駅にある駐車場は基本的に無料なはずである。
抜本的な交通対策をするのに、今の役所のやっていることは中途半端以外の何物でもない。

とにかく、駅からやや遠い都市生活者がこれ以上不便と不必要な負担を蒙ることのないように、
現行の放置自転車対策は何としても改めていただきたい。

コメントの投稿

非公開コメント

一歩間違えば乞食と揶揄されかねませんよっと
200円/日が普通の埼玉県民としては100円で済むだけありがたいと思いますがね。
その代りかどうかは知りませんが、だいたいその手の駐輪場がある付近に民間運営の1時間だけ無料であとは100円/8時間のところもありますけどね。
ま、割に合わなければそういう民間は造らないでしょうし、そうでないなら造るでしょう(土地取得費用とかも含めての話ですよ)。

Re: タイトルなし

> 一歩間違えば乞食と揶揄されかねませんよっと
> 200円/日が普通の埼玉県民としては100円で済むだけありがたいと思いますがね。
> その代りかどうかは知りませんが、だいたいその手の駐輪場がある付近に民間運営の1時間だけ無料であとは100円/8時間のところもありますけどね。
> ま、割に合わなければそういう民間は造らないでしょうし、そうでないなら造るでしょう(土地取得費用とかも含めての話ですよ)。

乞食って…
公共施設の地下や1階部分を駐輪場として活用しているような場所です。
土地費用も何も、1日1台100円もとってわざわざ警備まで置く必要性がどこにもないんですよ。
有料の置場はひとつとして、本気で自転車交通対策をするのであればやり方が違うと思うわけですね。
震災・節電に便乗したさまざまなサービスの変更とも似通ってる気がします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

てつた

Author:てつた
KR鉄道館

元駅員さん。
社会人1年目の、法学部卒
へっぽこ新米プログラマー。
たまには旅に出たい。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。