FC2ブログ

エコなの景気なの

やっと期末が終わってくれました。結果がどうなのかは相当不安なのですが、まずは宿題もやらずゆっくり遊んでリラックスします。

先日、今度の改正で東京近郊区間に仲間入りした安房鴨川駅へ大回り乗車してきました。
その途中で乗車したE257系、特急直通の普通電車ではなんと車内販売が継続して行われていました。駅構内での弁当販売が減少していて、空腹がすごい状態でしたので、アイスクリームを購入することができたのは大変嬉しかったです。う~ん、多分、普通列車普通車で車内販売をしているのは全国でもここだけではないでしょうか。

では本題。
昨日の都議選で自民大敗です。無権者である私は偉そうなことは言えませんが、無党派層を甘く見ていたことは見ての通りです。国民はちゃんと政治を見ていました。投票率も大幅アップ、「政治無関心」も半ばウソかもしれません。
てか、なぜエコカー減税だの家電エコポイントだのをやるのですか?
省エネ家電を作ったところで、全体的な使用量が増えていれば全然省エネになっておりません。液晶テレビは今までのテレビより大型、テレビへの電力消費量は結果として増えているそうです。
クルマの話も同じことで、エコカー減税をやったところで、高速道路1000円政策をやって高速道路の利用者を増やしたのでは全く意味がありません。
ある新聞記事にはこのような文言が。

エネルギー効率や温室効果ガスの排出量を比較すれば、クルマより船や電車の方がずっとエコなのはいまさら言うまでもない。その議論を抜きにして、目先の経済効果をうたう高速道路利用の後押しは、政府の得手勝手としか言いようがない (毎日新聞東京版・7月6日朝刊余録)

京都議定書を採択したのは口だけで、日本は温室効果ガスを増やし続けています。この原因は言うまでもなく、政府の政策のいい加減さです。景気減速を恐れて何もやってこなかった、国民の自主努力に任せてきたのです。エコカー減税だって、エコカーの導入が進むとはいえ結果的に自動車の購入数が増えてしまいます。自動車なんかやめてみんな鉄道を利用すれば大幅なエコに繋がることはいうまでもないことです。
アメリカや中国は簡単に削減できる余地が残っていますが、それらに比べて削減が容易でない欧米諸国も頑張っています。繰り返しになりますが、日本も環境対策をもっと強化して欲しいです。

今月21日衆院解散、8月30日投票だそうです。このまま行けば政権交代の可能性もかなりあるわけで。日本に政治を執れる人たちが本当にいるかどうか微妙ですが…。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てつた

Author:てつた
KR鉄道館

元駅員さん。
社会人4年目の、法学部卒
へっぽこ新米プログラマー。
たまには旅に出たい。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR