スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12枚の写真で振り返る2015年

…こういう企画をいままでやったことがなかった私ですが、
大晦日にちょっと一息いれながら、今年を写真でまとめてみたいと思います。


Miyajima Matsudai ferry

1月…吹雪の宮島

瀬戸内とはもともと降水量の少ない土地であるはずが、正月2日はにわか雪に降られる空模様となった。
突然の吹雪に打たれて急ぎ足で船に乗り込む、まるで青森の連絡船のような雰囲気に…


Twilight Express

2月…黄金列車よさらば

大阪札幌間を結んでいた豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」が3月に引退。
2015年、2016年と、定期急行列車、定期寝台列車、定期客車列車が次々と姿を消し、
日本の鉄道史は一区切りを迎えたといっても過言ではない。


Ueno-Tokyo line debut

3月…上野東京ライン開業

東北線列車が名実ともに東京駅発着を果たしたその日、東北・高崎・常磐線~東海道・横須賀線を、新宿と東京の2大ターミナル駅それぞれを経由して結ぶ巨大直通ネットワークが完成した。


Oyama Cable Car

4月…山の漢の勇退

大山ケーブルカーの車両が、投入50年の節目となる今年リニューアルされた。
新しいケーブルカーの導入にあたって、蓄電池を導入し途中区間の架線を廃すなど、大山ケーブルは大変貌を遂げる。
信仰の山の新しい歴史が始まった。


Kiseki no Ippon-matsu (the miracle pine)

5月…奇跡の一本松

陸前高田市の「奇跡の一本松」を初訪問。
松はすでに塩害等の影響により壊死してしまったため、保存処置を施された状態で初めて訪れることになったが、
自然の力強さから「負けない」という強い教訓をくれることは間違いないだろう。
早くも来年には、震災から5年を迎える…


Mizumoto Park

6月…あじさい

就職活動も忙しさを増し、気休めの外出程度になってきたこのころ。
気候変動の影響か、ここ数年美しい紫陽花に出会っていないが、その中でもここ水元公園で見た紫陽花は、久しぶりに「きれいだ」と感じたものであった。


Enoshima Summer

7月…夏が来た

面接や説明会ついでにシャッターを切るのが数少ない楽しみになってきたこの頃。
この江ノ電も、スーツを着ながら撮影したものである。
汗だくになりながらも、撮りたいものを自分の切り口で撮るという愉しみは尽きることがない。


Sendai Tanabata Festival

8月…七夕祭り

ある採用選考が岩手県で行われたため、新幹線を使って日帰りすることになった。
ただ往復するのはどうしても自分の気が許さないので、丁度仙台で七夕祭りが開催中だったこともあり、帰路途中下車してみることにした。
ちょうど同じ夜、青葉城址では高校の同級生が在籍している合唱団が演奏しており、彼との久しぶりの再開をも果たすことができた。


Departure

9月…Departure

明日への出発。
離陸の3分は特に緊張が走る時間だという。
出発は、最初が肝心だと教えてくれた。
…わたしも頑張らなければ。


Oga in Fall - 男鹿の秋風

10月…男鹿の秋風

一台のマーチを3日間乗り回し、秋田県を一周。
男鹿は実りの秋を迎えていた。
半島のシンボル、寒風山と。


Arashiyama

11月…嵐山

天龍寺の竹林ともみじを。
しっとり、静かに。
秋の京都はわたし自身の毎年恒例となってきた。


Tsuchitaru station

12月…トンネルを抜けると

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。
今年は暖冬傾向で東京の銀杏は落葉が済まないまま年越しを迎えそう。
しかし国境を越え越後の国へ足を踏み入れると、そこには銀世界が広がっていた。



今年は「鉄道」をテーマにした写真を撮影することが大変少なくなりました。
それには自身の身の回りの状況の変化も大きいのですが、その一方で、様々な物事にアンテナを張ることになったことで、
「量より質」の写真を目指そうと思うようになった心情の変化もあるように思います。

いよいよ2016年、学生から社会人へとわたし自身における重要な転機を迎えることになります。
最初が肝心。明日の自分の糧のために、これからもいろいろなものを吸収して、自らを鍛えていきたいと思います。


皆様にとっても、くる年が良い年でありますように。



スポンサーサイト

日々雑感

さて、このブログも長い間更新が止まってしまいました。

ようやく「就活」にもひと段落がつき、貯金のために遠征をやや控えめにしている今こそ、今までに撮りためた写真を整理しながらみなさまに発信する準備をするためのチャンスととらえ、鋭意作業を行っております。

現在は、来春の廃止が決定した、夜行急行「はまなす」の写真をまとめています。
アルバムが完成次第、「てつたのアルバム」上でみなさまにご覧いただこうと思います。



鉄活動の活動レベルが低下してしまったのは、「就活」のことももちろんあるわけですが、それ以上に身辺の変化が大きく、今までのような考え方で趣味に全力投球することは厳しくなっているという現状があります。

人間、より善く生きるためには、広い視野をもって物事を考えることが必要不可欠です。
鉄道は交通手段の一、つまり基本的には、何かの目的すなわち交通需要が発現した際に、それを満たすための方法のひとつであります。
人々の移動のすぐそばに鉄道という輸送機関は存在し、日々の生活は支えられているわけです。

文壇きっての女性鉄道ファンとして知られるエッセイストの酒井順子氏は、著書『女流阿房列車』の中で次のように述べています。

男性鉄道ファンの胸には、鉄道という存在を自分の支配下に置いて好きなように動かしてみたい、という夢が基本的にあるような気がする。

鉄道は、言うまでもなく「公的」な移動空間であり、見知らぬ人と移動空間を共有するものです。
そうであるとするならば、鉄道の世界には基本的に「個人が支配する環境」など存在し得ないわけであり、そこには常に、自分のほかの「他者」の存在が欠かせなくなります。

その「他者」は、自分とはまた異なる目的、ある「したいこと」を胸に秘めてどこかへ移動しようとしているのです。
「ひと」の存在なくして、鉄道は語れません。

何か「したいこと」を持って移動する人に寄り添って、その「したいこと」が実現できるよう手助けをする。それが鉄道だと思うのです。

だからこそ、「駅員さん」として残されたあとわずかの時間、少しでも多くの人に、より多くの「したいこと」を実現してもらえるような方向に、全力投球で頑張っていきたいと思っています。

もちろん、私の日々の活動の根底には、今まで鉄道趣味人のひとりとして生きて培ったものがあるのは言うまでもなく、人に幸せを届けながら、「でも、“鉄”をやっててよかった!」と思えるような生き方をしたいと、いま切に願っています。


プロフィール

てつた

Author:てつた
KR鉄道館

元駅員さん。
社会人1年目の、法学部卒
へっぽこ新米プログラマー。
たまには旅に出たい。

カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。