「就活」に代わる言葉がほしい

お久しぶりです。てつたです。

私の実家のアウディA4が、明日3/21で車検切れをもって廃車することになったようです。
運転できるのがおそらく昨日が最後ということで、横浜ベイブリッジまでドライブしてきました。
記念に写真を撮るために、ベイブリッジのたもとで少しだけ路上に車を止めていると、ちょうど港湾管理のおじさんたちが車で通ってこっぴどく叱られましたが、まあこれも最後のよい思い出ということで。



平成28年卒の学生の、経団連指針によるいわゆる「就職活動」が、3月1日に始まりました。
私もついにそれに関わる代になってしまい、真剣に今後の生活について悩む日々が始まっています。


まったく個人的な感情なのですが、「就職活動」、「就活」といった言葉が非常に苦手です。
婚活とか、終活(「就活」になぞらえて、老後どういう終末期を送りたいかを考えることだそうです)とか、とかく活動活動と連呼することにどこか違和感を禁じ得ないのです。

一昔前に仕事探しを経験された方は「リクルート」などと言っていたのかしら。
昨日お会いしたとあるTwitterのフォロワーさんは、「オンシャ活動」なんて言い方をしていらっしゃいました。(御社なんて書き言葉とか営業とか特殊なことを除けばなかなか使わないようにも思いますけどねw)

ちゃんと自分に合う仕事に出会える人って、そもそも「活動」じみたことをしなくても職なんて自然と根に付くものだと思うのです。
今やっていることって、就職「活動」なんかではなくて、今まで二十余年の人生を振り返って、積み重ねてきた経験、身につけた能力、学んできた知識すべてを総合して、そして世界にひとつしかない「わたし」が、社会のどこで一番効率的に作用するかを探して回る旅であると個人的には思っています。

まだ実際に企業などを受けたわけでもなく、これからいかに内定をいただけるかは未知数のところではありますが、これまでの「わたし」を信じて、自然体で、焦らずに、過度に体力を削らないように、そして素晴らしい経験をさせてもらっている駅員バイトもしっかりと続けながら、将来の人生探しをしていきたいと思っています。


合唱ですが、今月いっぱいをもって一旦すべての活動を休止し、仕事探しに専念することにしました。
高校から始めて、大学の合唱団、そして白浜坂高校合唱同好会と、さまざまな場所で素敵な仲間を得られたことはかけがえのない宝物ですし、それらなくして今の自分はまずなかったと考えています。
今までお付き合いくださった全ての方に感謝し、そしてしばらくは、自分をしっかりと見つめるために時間を使おうと思います。
職が決まれば、きっと合唱の世界に戻ってくる決意とともに。


ではまた。
プロフィール

てつた

Author:てつた
KR鉄道館

元駅員さん。
社会人2年目の、法学部卒
へっぽこ新米プログラマー。
たまには旅に出たい。

カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR