快速はまゆり



盛岡〜花巻〜釜石を結ぶ快速列車です。
キハ110-0は、かつての急行「陸中」に充当され、JRグループで最後に急行用に製作された車両です。
現在も指定席車両にリクライニングシートが使用されています。

上りの1本だけが宮古始発で、釜石まで三陸海岸をひたすら縦断する列車でした。
現在、山田線の海岸区間・宮古〜釜石間はすべて不通になっています。

大島高任

明日は合唱部の定期演奏会…ついに最後です。
あの花の最終回も見たいけど、今日は寝ないといけませんorz



釜石駅前にある銅像です。
大島高任(おおしま たかとう)は明治期の鉱山学者で、安政4年(1858年)にこの釜石の地で、日本で初めての商用高炉を稼働させた人物です。
これは、八幡で官営製鉄所が稼働する実に40年以上も前の話になります。

押角〜その2



小川を渡った反対側を走るこの細い道。一応国道です。

押角駅



何もない雪山の中に、我々一行は取り残されます。

仙台の京王線!?



仙山線・愛子駅にあった張り紙。
明らかに京王8000系です。
Officeのクリップアートに、こんなのあったっけか。

キハ100系



釜石駅にて。
釜石線・キハ100系の4両つなぎ。

イルミネーション



2009年冬、宮古駅前。
静まりかえった駅前で煌々と光を放つツリーがありました。

釜石駅

あの花ラジオを聞きながら。



右側には三陸鉄道の駅舎が小さく写っています。
市役所は大きな被害を受け、駅前にある物産センターが災害対策本部になっています。

仙台空港の案内板



鉄道では少なくなりましたが、空港では今でもよく見る「パタパタ」の出発便案内器です。

仙台空港アクセス線



仙台市内と空港を約20分で結ぶ仙台空港鉄道、SAT721系です。
津波による浸水の被害があり、現在も全線が不通になっています。
7月には仙台空港駅の一つ手前、美田園までは運転再開の予定です。

あおば通駅



仙石線です。
あおば通駅の発車メロディーは、何回聴いても素敵!なんですが、
現在も高城町以北は不通のままです。

仙台空港



津波による甚大な被害を受け、現在も暫定運用が続いています。
使用する陸上部分が少ない利点を活かし、新幹線よりも先に供用が再開できたのはさすがでした。

三陸鉄道 #santetsu



南リアス線で乗車した、36-100形気動車。
早期全線復旧を切に願っています!

茂市駅



右奥に延びるのが、閑散線・東の横綱こと岩泉線です。
現在も全線で運休、バス代行のままです。

鉄の街・釜石



「ものづくりの灯を永遠に!」
地震に負けない。津波に負けない!

三鉄から



三陸鉄道南リアス線の車窓から。
津波による甚大な被害を受け、現在も全線でストップしたままです。

岩泉駅



昨年7月に発生した土砂崩壊事故以来、運休が続いたままの岩泉線。
震災が追い打ちをかけ、さらに遅れそうです…。
プロフィール

てつた

Author:てつた
KR鉄道館

元駅員さん。
社会人2年目の、法学部卒
へっぽこ新米プログラマー。
たまには旅に出たい。

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR