スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まもなく5年になります

4月に入ってから何かと慌ただしく、ようやく落ち着ける時間ができました。

尼崎の惨事から5年。
今になって、新旧経営トップを起訴するだの起訴しないだのでもめるのはどう考えてもおかしいことであるはずです。
無論、オーバーランだの乗務員が原因の遅延だのが厳しく罰せられるという企業風土が問題だったというのは明らかだと思います。それが嫌なら全て自動化すれば済む話です。
もっとも、他のJRグループ各社や日航などと同様、民営化されたといえ長らく国が株を保有している状態が続いていた以上、誰がその会社を実際に運営しているのかが曖昧にされていたという、“民営化”という行為そのものに帰着する問題であることも否めませんが。

ただ、鉄道ファンの一人としてどうしても反論させてもらいたいことが。…保安装置のことです。
いつこのニュースを見ても、事故原因や関係者の起訴理由のひとつに「新型ATSの設置遅れ」というのが挙げられ、「設置されていれば事故は防げた」というのが総論です。勿論、ATS-Pをはじめとしたバージョンアップ型のATSのことですが、何故この点が責められるのか私には理解できません。細かい仕様の話をすれば、私の知識の間違い等で叱責されることになりますので、根本だけを。
新型が開発さえされれば、事故の危険のある場所全てにその設備を即座に設置しなくてはならないのですか?もしそうであれば、Pが登場してからすぐに、どんなに本数が少ないローカル線でもこれが導入されていることになります。
ところが実際は、別にJR西日本の路線に限らず、まだ大半の路線がSx形です。Sxとは互換性が全くないPですので、地上車上ともに設置に莫大な費用がかかることを考えられないのでしょうか。
また、鉄道の運転はもともとそのような装置に頼るものではなく、きちんと教育された運転士が、一般に考えて過剰と思えるほどの確認を繰り返し、数々の規則を守ることが当然であるというのが基本だったはずです。(そもそも素人が運転することはありえないのですから。)あくまで保安装置は、運転士をバックアップするものにすぎません。

事故は当然あってはならないこと。被害者の方々をはじめ、この事故を知る人々にとって、その原因や再発防止に向けた取り組みはもちろん重要ではあるものの、必要以上のところまで入り込んで責めるのもどうかと思うわけです。その代わり、必要なところまではJRが素直に事後の対応をしなくてはなりません。

この事故に遭われ亡くなられた方やお怪我をされた方には深くお見舞い申し上げます。


本来ならば、コメント等をお受けし皆様のご意見を募りたい内容ではございますが、この記事はあくまで私の持論であることをご理解いただき、本記事に限りコメント・トラックバックの受付をお断りさせていただく旨、あらかじめご了承ください。
スポンサーサイト

三寒四温

17日には史上最遅タイの積雪…と思いきや翌日は夏日、そして昨日から再び気温が下がって最高気温は10℃をきりました。
しばらくブログにカキコしないうちにいろいろな出来事があったようで…。

さらば、井の頭のベージュ
先日ブログでもお伝えいたしましたが、井の頭線1713Fの塗色がベージュからオレンジベージュに変更され、ベージュ色の3000系は全廃されているため、残るベージュ車は1706Fただ1編成のみとなりました。
この間まではオレンジが斬新だったのに、こちらは既に3編成に増殖、かつて馴染みだった色が去っていくという事態です…。
1706Fも、次の入場で塗色変更されると思われますので、ベージュはいよいよ姿を消すことになります。

相模原線でATC導入
先月末に相模原線でATCが導入されました。予期していたものと異なり、都営線やJRで使われているパターン式のものとは異なるようです。
既に本線でも閉塞板等が設置済み、夜間試運転も始まっている模様で、ATC非搭載の6000系の去就がいよいよ気になってきました。

一方の井の頭線は、ハード面では目立った動きはないようです。
5/6次車には既にATC車上装置が搭載されていますが、在来車の工事はまだのようで…。
それが済まないうちはとりあえず残った3000系2編成は安泰でしょうかね…。



私事ですが、昨秋から合唱部にも入っています。
何か人間的にもいろいろと変化があり、それについていけない自分がなんだか悔しかったり…。
具体的な言葉にすれば分かりやすいとは思いますが、あとのことはご想像でw

京王1000系在来車塗色変更!

昨夕確認の速報です。写真はまだ撮っていません。

京王井の頭線1000系の在来車である1713Fの塗色が、今回の検査出場で
「ベージュ」から「オレンジベージュ」に変更
された模様です。

鉄道雑誌の情報によれば、これまでのベージュが明度不足であったことが挙げられており、1727F、1734F同様の塗色変更となったと思われます。

昨日運用についていた同じくベージュ編成の1706Fについても、同様に塗色が変更されるものと見込まれます。
ベージュ、いよいよ見納めです。

プロフィール

てつた

Author:てつた
KR鉄道館

元駅員さん。
社会人1年目の、法学部卒
へっぽこ新米プログラマー。
たまには旅に出たい。

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。