FC2ブログ

ブロック

鉄分底つき気味ですorz
さっきテレビのニュースで東京おもちゃショーの話をしていて思い出したこと。
我が家にあるブロックはほとんどレゴです。他の銘柄のブロックはレゴとは呼びませんのであしからずw小さい頃からよくデュプロで遊んでいました。普通は建築物を作ることが多かったのですが、↓のように、発想を変えてブロックを上下逆さにすることによって跨座式モノレールを実現させました。

【↓断面図】


ところで当時のこのレゴブロック、箱(通称“バケツ”)を開けてみてもろくな説明書はありません。パッケージに完成見本がいくつか写真として載っていますが、あとは「創造(create)」に任せろというのが方針でした。子どもの想像力を育てる玩具だった、というのが見て取れますね。
しかし、少子化によってそのような販売戦略では売れなくなったのか、最近はちょっと方針を転換してブロックを販売してくるようになりました。それがCMでおなじみの「レゴシティ」であり、つまり完成形が予め定められているというブロックなのです。建設だの、警察だの、消防だの、レスキューだの。しかも一度組み立てたら作品としておしまいですか…?
それじゃあブロックの本質に反してますよ、と私は思います。
少子化は仕方ないにしても、だったらプラモでもいい。わざわざブロックなんて中途半端な形にしなくてもいい。ブロックは、自由に組み合わせられるというのを利点にその産業を成長させてきたのではないですか?
早期教育が謳われる時代なのに、老舗がこんな方針転換をして、子どもたちの知能発達はどこへやら…。
プロフィール

てつた

Author:てつた
KR鉄道館

元駅員さん。
社会人4年目の、法学部卒
へっぽこ新米プログラマー。
たまには旅に出たい。

カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR