スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道の「技術的」なものに触れてみませんか

先のクリスマスに父よりプレゼントされたとある本。

鉄路100万キロ走行記 宇田賢吉著 - グランプリ出版 2004年
電車の運転—運転士が語る鉄道のしくみ 宇田賢吉著 - 中央公論新書 2008年

その日から、布団の中で、旅行に行く新幹線の中で、帰りの富士・はやぶさの中で、はたまた新学期になって学校の机の上で、とにかく読みまくりました。
山陽路はまだ蒸気機関車の天下であった時代に国鉄に入社した筆者は、蒸気機関車・電気機関車・電車と運転をしてきました。
通常は上り勾配上で起動できない貨物列車を、その独自のブレーキシステムにより起動させるテクニック、長い経験に裏打ちされた究極のブレーキ操作…。
日本の鉄道の過渡期に運良く鉄道乗務員として過ごしてきた筆者のメッセージは、鉄道の世界のみならず社会におけるあらゆる面に繋がっていると思います。

また、後者の新書では、電車運転の基本操作・運転士の間での常識から、力学に基づいた鉄道車両の構造をわかりやすく解説されています。お馬鹿な一中学生でも、少々難解とはいえ読めました。

自分は鉄道ファンだ〜と言って、自分の好きな部分にだけ打ち込んでいては趣味を深めるのに不便ですし、なにより変な目で見られます。
一度鉄道に打ち込むのであれば、何で電車は走るのかというところにまず掘り下げてみるのはいかがでしょうか。(これは単に走行の仕組みだけでなく、線路や信号・ダイヤのシステムなどすべてひっくるめての意味です)
そうすれば、自分の好きな分野をよりいっそう深く楽しめることになると思うのです。
何系は何線の電車で、どのように運用されているという知識より、現場で働く人たちの経験や知恵を学び取るのが大切で、これぞ真の鉄道趣味だと言っても過言ではないと思います。
いきなり運転士さんに話しかけてみるのは難しいかもしれませんが、本物の運転士さんが書いた本を読んでみるのもいいと思います。
スポンサーサイト

ケータイを持たない生活

今日は2月22日。
街中では「ニャンニャンニャン」の日なんて言われる日ですが、
10年3ヶ月ぶりの記念乗車券発売(22.2.22)まであと1年です。
まあ、22.2.2もありますがw

英検2次を受けた後、大回り乗車を決行。
都会のざわめきからちょっと離れて、単式ホームの笠幡に行ってみました。
英検の面接試験のとき、ケータイは袋に入れて首から提げて…と面倒くさいのではじめから持って行きませんでした。
親から「何処へ行っているの」とメールが来る心配もなく、楽しいトリップでございました。

ケータイを持たないと死んだのと同じ、なんて言う高校生がいるそうです。
撮り鉄の私はカメラがないと少々不満足ですが、無くても乗り鉄は実行できます。
ケータイは自宅で部員との連絡ができればそれでよい。そう思っています。
旅に出るときにケータイを持っていると、いつも自宅やネットの世界と繋がっているようで旅情が半減してしまいます。
せめて旅に出かけるときくらい、ケータイを手放してみてはいかがでしょうか?

井の頭線1000系5次車を公開

…公開しました。
某所で公開されている井の頭線で走らせてみてください。

全電気ブレーキをBVEで再現するには、電制停止速度を1km/hにすることが一般的です。
電制は内部的には後ろへ力行することになっているようで、0km/hに設定すると電制が完全に切れるのが間に合わず後退してしまいます。
ところが、実車も若干ながらそのような動きをしたのを目撃!
全電気ブレーキは、停車寸前に後ろへ行くようモーターに電流を流しているんですよね。
というわけで、今作ではあえて電制停止速度を0km/hにしてみました。

忠告設定を「初級」にすると、停車時のブレーキの強さによっては後退している旨の警告がでますが気にしないでください。

p.s.
日立IGBT、2連作です。
ただ、西武30000系で変調音が間延びしている感があったので、モーター音は一から作り直しました。
似たVVVFとはいえ、形式ごとに若干の個性があるので、ほかの車両の音は使えません^ ^;

京王1000系5次車制作中!

また福塩線をさぼって車両データを作ってます。
今度は京王井の頭線1000系5次車です。
去年11月に登場した、フルカラーLED行先表示・液晶旅客案内・全電気ブレーキという3つの「井の頭線初」を持った車両です。
ただいま鋭意制作中。
近日公開!

続きを読む»

I'm Feeling Lucky

…がたった今消滅した…?

Googleがまたデザインを変えてきたか?

I'm Feeling LuckyでGoogleは損失を出すという噂もあったし。

続きを読む»

「BVEデータ代理公開」の浸透

「みんなで投稿!BVE」も開設から早1年半。
作ったデータは自分のサイトで公開するだけではない。
新たな選択肢として誕生した代理公開も、だんだんBVE界に浸透してきたと感じています。
もちろん、過去にも掲示板などで簡易ながらそのようなことをしていたところがあったとは伺っていますが、あらゆるデータを代理公開できるようにしたのは恐らく私のサイトが初めてだと思います。
いや、セキュリティに心配はありますが、まだ気にするレベルではありませんので(^ ^;

なぜかこの2週間ほどは投稿がなく落ち着いているみたいです。
Googleガジェットがうまく動いていないのか…とも心配してしまうほどです。
別のメールフォームを使う送信方式も検討中のところです。


サーバー不調のせいかGoogleがクロール時にBVEトップをデータベースから落としてしまったみたいです。ただいま再掲載依頼中です。


さて、後発のBVEデータ代理公開サービスが始まっているのを随所で見かけます。
私はこのサイトで「BVEデータを代理公開する」というきっかけだけを作ったと思っているので、後発の代理公開サービスに対しライバル意識を持つようなことはありませんし、むしろそれは嬉しく、応援していきたいと考えています。
なにしろ、私は甚だ初歩的な方法で投稿データを編集しパッケージにして公開しているわけですから、即時公開性に欠ける面があることは否めません。(まあ、その分、フォルダ構成などが若干ずれていても、私が修正して確実にインストールできるインストーラを作れるわけですが)
これらのサービスは、こんなろくでもない問題点を解決してくれています。
そう、ありがたい限りなのです。

後発は真似ではありません。先に出た物の課題を突いて、そこを直したものが後発であると思います。
「BVE代理公開」という新たな方法が、今後より発展・浸透していくことを期待しています。

ETC

ATCを捩ってETC…違いますよ。
今日は道路の話です。

最近鉄道動画作りにハマっています。
今のところネットで公開するつもりはないのですが、
次の作品は何にしようかな〜と考えているときでした。

「春の小川」の代々木八幡なんかどうだろうか…
と地図を出して、飛び込んできたのは首都高西新宿JCT。
あれ?中央環状線から新宿へは行けないんだ…。

…当然でした。
中央環状線は四方八方に延びる高速道路同士をつなぐというのが主目的だそうで。
都心内交通は都心環状線を使いなさいと。
確かに、おととし12月に山手トンネル区間が開業してから、交通情報で首都高の渋滞情報の量は少なくなっていると思います。
とりあえず中央環状線は4号新宿線まで完成していますが、21年度には3号渋谷線、将来は湾岸線まで達するとか。

一度首都高のサイトに行ってしまえば、ネットサーフィンは始まったもの
レインボーブリッジをはじめとした首都高の美しい橋に関する情報を見ていました。

さて、首都高ではETCを使う客に対して平日も休日もそれなりの割引を実施しているそうです。
…という話の途中で出てきたこのマーク(再現)。

 ETC  一般

料金所の上にある奴です。
導入当初は幕ばかりでしたが、最近はフルカラーLEDも増えているそうで。全く電車と同じです(何
それにしても、ETCを積んでない車がETC専用レーンに冒進してしまうのはなくならないみたいです。

ETCを積んでない車は「一般車両」と呼ばれることを思い出しました。
それもそのはず、兄弟が受験なので家族旅行の暇もなく、
また修学旅行も飛行機で北海道…。
実はかなり長い間高速を通ったことがありません。

民営化した高速道路各社はETCにしろしろとうるさい。
さっさと地上部分を整備してくれるのは、速く快適に旅行客を運びたい高速バスや観光バスとか、毎日生鮮品の輸送に欠かせない長距離トラックとかといった人たちには大変喜ばれているそうです。
でも、私の家のように普段全く高速を利用しない人にとっちゃ、初期投資の高いこと高いこと。

ただ、なんだかんだ言って、やっぱりETCをつけてない車が一般なんですよ、はい…。
道路会社はこの呼び方をなくす、というかETCこそ「一般」であるとアピールしなきゃ意味がありませんね。
渋滞緩和が目的なら車載器ももっと安くしてほしい。
車載器をつけてないからってインターを通さないで差別するのもやめてほしい(今、ETC専用インターなるものがあるそうです)

まあ、自分が免許取ればもっと真面目なことを言えるんでしょうね…
最低でもあと3年、まあでも18になってすぐ取って事故を起こすのも嫌ですし。
鉄道車両の運転士も20歳以上だし、まあその日を待つことにして。

…こんな心配をよそに、中学のとある友人が、16になる来年、さっそくバイクの免許を取りたいんだとか
大丈夫か!?
プロフィール

てつた

Author:てつた
KR鉄道館

元駅員さん。
社会人1年目の、法学部卒
へっぽこ新米プログラマー。
たまには旅に出たい。

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。