スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活

やっとAE形を引っ張り出してきました。
念のためセーブデータを2つ作りました。
スポンサーサイト

やばっ!!

KTKのクリアデータを消してしまいました…。
またやり直しです。

MTCが欲しい

Train Simulatorや電車でGO!などのさまざまなタイトルの運転ができる、
Multi Train Controllerというのが、最近まで製造されていました。
しかし、生産は中止され、現在は入手困難です。
どうしても欲しいんですが…アマゾンで最低2万円ですので…
もっと安くならないものか…

直直セクション

はい。実車の世界でも発生してしまいました。

TSの京成・都営浅草・京急線では、直直セクションが再現されています。直直セクションは異なる変電所から供給される電気の区間の境目のことです。交直セクションや交交セクションではないので力行や回生ブレーキは使用できますが、ここで停止してしまうと電位差により架線に損傷を与え(最悪の場合溶けて架線が切れる)、さらには変電所を故障させることもあるため停止してはいけません。

今日、さいたま新都心-大宮間で発生した架線切断事故。
特急の185系が減速しようとしてセクション内に停車してしまいました。

停止信号に気をとられてブレーキ扱いをし停車したところで、停車位置がセクション内にあることに気づいたようです。

ちなみに、運転士が異常を感じて非常ブレーキをかけて停止したところがセクションだった…という事故は過去に何度も起きているようです。
今回事故を起こした185系のような空気指令式ブレーキを備えている古い車両は、いったん非常ブレーキに入れると直通管の圧力が0kPaになってしまい、その後にブレーキを常用に戻したり解除したりしても直通管の圧力が元の490kPaに戻るまで長い時間がかかり、セクションに気づいてブレーキを解除しようとしてもそのまま停車してしまうのです。

直直セクションでの停車は、実は交流セクションでの停車よりもかなり危険なのではないでしょうか。(まあ、交流セクションでも停車してしまったら他の車両に牽引してもらわないと発車できないのでなんともいえませんがw)

攻略その2

京急・都営浅草・京成の攻略その2。

5300形の浅草でのブレーキ操作

直前の制限55への減速は、52km/hに落ちたところでB1に。
ホーム進入のころに50km/hであればそこでブレーキOFF。

停止位置手前120mからB5で減速。
残り100mで49~48km/hであれば大丈夫です。
50km/h出ていると危ないです。
プロフィール

てつた

Author:てつた
KR鉄道館

元駅員さん。
社会人1年目の、法学部卒
へっぽこ新米プログラマー。
たまには旅に出たい。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。