スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なのはな


DSC_2009-001.jpg

今年も春はやってきた。


DSC_1831-001.jpg

毎年やってくる、変わらない光景。

スポンサーサイト

奥武蔵の夕暮れ


DSC_6862.jpg

電車新時代への扉を開いた101系。
奥武蔵の美しき自然の中で、最後の活躍を続ける。


DSC_6909.jpg

黄昏時。
石灰石を満載して列車は走り抜けた。


しんかんせんは団子鼻


DSC_6525.jpg

団子鼻。
それは、世界に誇る"SHINKANSEN"の象徴。


DSC_6552.jpg

上野駅。
数多の希望と不安を乗せて、人々はこのホームに降り立ってきた。


DSC_2364.jpg

いつの時代になっても、そのフォルムの美しさは失われなかった。


DSC_6503.jpg

日本の技術の粋を集め築き上げられた新幹線も、気が付けば世代交代のとき。
復興と成長を支えてきた彼らの労をねぎらいながら、
輝かしい未来へと希望をつなげたい。



グリーン車

DSC_6404-1.jpg


激化する人口集中。
カンヅメになる満員電車。

そんな通勤の苦労から解放するべく、
「普通列車グリーン車」は生まれました。

時代を経てもなお、通勤に観光に重宝されるこの車両、
出入り口に刷り込まれたその文字は、
日本発展の歴史を語ってくれるようでした。


青森駅


年の瀬を迎えた青森駅。

DSC_5349.jpg

「いってらっしゃい」の電飾看板が哀愁を誘う。

あまりの寒さ。
手袋で顔をおさせる人、
思わず抱き合ったカップル…


DSC_5018.jpg

「のりほ」、すなわち「車人員告書」を入れる箱。
なくなるものではないだろうけど、旅の雰囲気を演出してくれる。


DSC_5328.jpg

すべては安全のために。
体に突き刺さる吹雪の中、車体に張り付いた雪を払う女性運転士さん。


DSC_5377.jpg

その寒さはまさに旅人を「誰も無口」にさせる。
連絡船時代の青森駅の光景が思い出される。


DSC_5293.jpg

「こちら2022列車運転士です、どうぞ」
「2022列車、発車」
「2022列車、発車了解」

吹雪の中へ漕ぎ出す。


DSC_5318.jpg

北の大地からはるばるやってきたトワイライト。
厳しい冬の雪の中、大阪へ向けたつらい旅はまだまだ続く。

プロフィール

てつた

Author:てつた
KR鉄道館

元駅員さん。
社会人1年目の、法学部卒
へっぽこ新米プログラマー。
たまには旅に出たい。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。