【英国見聞録 No.8】自動改札機

カープ連覇。
黒田のいない今年はどうなるかと思いましたが、投げても打っても皆が力を発揮し、
終わってみればダントツの一位でした。
今年こそは、日本シリーズで胴上げを目にしたいものです。

さて英国見聞録。

まさかこの原稿を書いてから1年放置しているとは思っていませんでした。
完全に失念しておりました…



イギリス国内の交通の主役はなんといっても鉄道ですが、その改札業務を省力化するために、こちらにもやはり自動改札機が設置されています。

世界で初めて現行方式の自動改札機を開発したのが日本の立石電機(現在のオムロン)であることはあまりにも有名ですが、それを端緒にして世界の鉄道駅には数多くの自動改札機が設置運用されています。

そもそも自動改札機導入前の日本では、旅客が立ち止まることなく通過できるように、改札係には改鋏の空打ち技術(改札掛は常に一定のリズムで鋏をカチカチと鳴らしながら客を待ち、客が乗車券を手渡すとそのリズムの中に乗車券を挟んで切符を切る…というもの)が発達するなど、とにかく短時間で多くの旅客をさばくことが求められてきました。
それを機械化するために開発された日本の自動改札機は、大量の旅客の流れを妨げぬよう、手前で投入した乗車券が奥の取り出し口で放出される形とし、旅客は歩いたまま改札を受けることができます。
その分どうしても機械が大型になってしまいます。
1台当たりの価格も、機能を絞ったタイプでも数百万円、高機能なものでは1千万円を超えるといわれています。

イギリスでも、都市の地下鉄の駅や、ナショナル・レール(旧国鉄)の主要駅の改札には自動改札機が導入されて運用されています。
ところが、当地の自動改札機は、オフィスビルの入館ゲートにあるような機械に似たような小型のものとなっています。
機械の下部に投入した乗車券は上部の取り出し口から放出され、それを取り出してからでないと改札の扉は開きません
それゆえ、改札を通過する際は一度、歩みを止めなければなりません。
そのため、どちらかといえば輸送量が中規模の鉄道に向いている改札システムであるといえます。

Ticket Gate
グラスゴー駅の自動改札機。
機械の手前に券を差し込むと、上部から放出される

Ticket Gate
ロンドン地下鉄の自動改札機。
黄色の部分はICカード用。磁気券も使用できる両用型だ

さて、日本では、自動改札機は基本的に「あるか、ないか」です。
先述のとおり、自動改札機を設置するとなると、人の流れを止めないよう工夫された日本発祥の大掛かりな装置を入れるということになります。
しかし、自動改札機を導入したい国内の駅が、どこも新宿駅のような膨大な利用者を抱えているわけではありません。
それなのに、新宿駅あるのと同じような装置が、地方に行っても当たり前のように設置されています。オーバースペックの装置を使っていることが少なくないのです。
確かに、同じ設計の装置を大量生産することでコストが下がる一面もありますが、実際のところは、輸送量に見合うスペックの装置が運用されているとはいいがたいのではないでしょうか。
むしろ、イギリス式の「取り出さないと通れない」装置にすることで、乗車券の取り忘れリスクも軽減できるかもしれません。

公的補助なく鉄道が運営できる世界的にも稀な国と評される日本ですが、少子高齢化の中にあってさらなる合理化と人件費削減は不可避な状況となっています。
完成されたシステムをなかなか変えたがらない文化が根付いていたりしますが、一度「改札の目的」に立ち返って、より効率的なシステムを考案することは難しくないと思います。



【英国見聞録 No.7】ロンドンのバス

Twitterのつぶやきは、なぜか他人からの伝聞調で書くとRTを多く集めるのですね。
そんなことを、先日参加した路線図ナイト3でも言っていましたが、実際その通りですから不思議なものですね。
ただ、Twitterという媒体が怖いのは、140字の字面を見た目のとおり受け止めて、その行間に筆者の主張をみること、その本文の主旨を考えることが疎かになりがちということだと思います。
大量のツイートが流れるタイムライン上でのつぶやきは、一目見て主張がわかるように書くことも必要な場面はあるわけですが、それにしても本来の主張が伝わりにくく感じることがあるのは残念に思います。
もっと本を読みたいと思う今日この頃です。


さて、前回の「英国見聞録」から長い時間が経ってしまいましたが、旅の記憶が失われないうちに続きをしたためたいと思います。
今回はロンドンを走るバスのお話です。

Big Ben
ロンドン名所・ウェストミンスター橋を渡るバス

チューブと並んで市民の足として親しまれているバスは、市内を縦横無尽に駆け巡り、しかも運行本数もとても多いことから、市内観光の移動手段として大変重宝します。

一部路線では24時間運行を行っており、チューブの終電を気にすることもありません。ロンドンが不夜城と呼ばれる一つの所以になっていたりもします。

オイスターカード利用の場合の運賃は、地下鉄ゾーン1一乗車2.40ポンド(執筆時点のレートで約340円)に対してバスは1.50ポンド(約210円)とお手頃価格に設定されています。
また、オイスターカードのキャップシステムの上限額も、バスのみ利用の場合には地下鉄より安く4.50ポンド(約640円)に設定されているため、バスを駆使して市内を回れば移動を安上がりにすることができます。
ちなみに、バス車内では現金の取扱を行いません。ICカードや定期券などの利用が必須となります。

Routemaster - ルートマスター
ロンドンバスの代名詞的存在、ルートマスター。
現在も動態保存車として数両が残存しており、通常系統の中に組み込まれて運転されている

ロンドンバスの特徴といえば、なんといっても2階建て(ダブルデッカー)であることです。
ロンドンバスの代名詞的存在であるルートマスター車時代からの伝統であるこのダブルデッカーは、EUが求めたバリアフリー規制の流れの中で一時は消滅の危機に瀕しました。
しかし、1階部分をノンステップにするなどして新型車両にも受け継がれることになりました。

Double Deckers
2階席の先頭部座席は、ロンドンの街並みを見下ろしながら巡るまさに特等席。
一度乗ればやみつきに

あるバスに乗車したときのこと。その2階席先頭部に乗り合わせたおじいさんと。

私「ここはとても楽しいですね」
おじいさん「そうだろう。だから私もここに乗るんだ。ロンドンの移動は地下鉄よりバスが一番だよ」

ちなみにそのおじいさん、以前日本に訪れ、箱根の温泉などを巡ったことがあると話していました。
遠い異国の地のバスの階上で、日本の話に花を咲かせる。なんと素敵なことだろうと思いました。



日本のバスでもICカードの導入は進んでいますが、未だに現金併用を廃止した例を聞いていません。
収受システムの二重化は交通機関の負担となり、それはそのまま利用者の運賃となって帰ってきます。
鉄道でもIC専用自動改札機の導入で効果を上げていますし、そろそろバスも現金廃止の流れが起きないものかと思うものです。

また、ロンドンでは成功しているバスの24時間運行、
東京でも時の猪瀬知事の主導のもと、2014年に渋谷~六本木間で試験運行が行われましたが、あっけなく失敗。
あれはどう考えても、深夜の東京人の動線を無視したものだったからに他ならないと思っています。
例えば、池袋~新宿~渋谷の副都心を結ぶ路線を作れば、深夜の飲み明けの初電前にそれぞれのターミナルに移動できるなど、いろいろの需要が考えられます。

さて、この街が3年後、世界にどのように映るでしょうか。



【英国見聞録 No.6】ロンドン地下鉄の運賃制度とオイスターカード

しばらく記事をご無沙汰にしてしまいましたが、今回はロンドン地下鉄の運賃制度についてお話ししたいと思います。

ロンドンの地下鉄は、言わずと知れた世界の地下鉄の先駆け。
その開業当初は、蒸気機関車が客車を牽引するスタイルで、みな煙にまみれながら利用していた、なんて有名なエピソードもある、都市交通改革のパイオニアですね。

London Tube - チューブ…ロンドンの地下鉄
ロンドンの地下鉄は「チューブ」という愛称のとおり、
古い線区では小断面のトンネルに合わせた形状の車両を使用している。
ベーカールー線ウォータールー駅にて

都市高速道路が整備されていないロンドン中心部にあっては、高頻度定時運転の地下鉄は現在でも市民の欠かせない足であり、日々多くの人に利用されています。
いまだに吊り掛け式の電車が多く走るのも、てっちゃん的魅力だったりします。

その出改札業務を簡素化するために、ロンドンにも、日本のSuicaに続いて登場した「オイスターカード」という非接触式ICカードが存在します。
基本的な仕様はSuicaに似ており、現金やクレジットカードでカードにチャージ(現地ではトップアップという)をし、その残額を用いて乗車するという設計は変わりません。

Oyster Card - オイスターカード
オイスターカードと自動改札機。黄色いところがカードの読み取り部分。
自動改札機はオフィスビルの入館ゲートに似たシンプルな形状をしている

さて、このロンドンの地下鉄の運賃ですが、日本とはまったく違う形で運賃を計算します。その大きな特徴を挙げると、次のようになります。

1.各駅を地域(ゾーン)に分け、どのゾーンからどのゾーンへ乗車したかによって運賃を決定する
2.IC運賃ときっぷ運賃の差は、日本以上に歴然
3.ICカードを使用した場合、キャップ機能で引去り上限額以上は自動的に引去られない

詳しく見ていきましょう。


1.各駅を地域(ゾーン)に分け、どのゾーンからどのゾーンへ乗車したかによって運賃を決定する


日本では、一部の均一運賃導入線区を除いて、鉄道の運賃はすべて100m単位の営業キロを基準にして計算しています。
「乗った距離だけ運賃を払う」という考え方は、路線網が入り組んでいない線区では大変合理的ですが、首都圏や関西圏のように、多くの路線が複雑に入り組み、目的地への経路が無数に存在するような区間では、出改札いずれをとってもあまり賢明とはいえません。

世界初の地下鉄だけあり、ロンドンの地下鉄も相当複雑に入り組んだ路線網をしています。
そのため、運賃収受を合理化するために、都心部からの距離で駅を複数の「ゾーン」に分け、ゾーン間にそれぞれ運賃を設定することとしています。
ロンドン中心部は「ゾーン1」となり、郊外に行くにしたがって「ゾーン2」、「ゾーン3」…と数字が増えていきます。
なお、運賃の割高感を低減するため、一部の駅は複数のゾーンにまたがって設けられていることもあります。

2.IC運賃ときっぷ運賃の差は、日本以上に歴然


日本では、2014年4月の消費税増税を機に、JR東日本エリアでICカード用1円単位運賃が設定されました。
この運賃制度や運用に当たっては賛否両論がありましたが、実際のところ、10円単位運賃(きっぷ運賃)は1円単位運賃の1円部分を切り上げないし四捨五入して算出しているにすぎないため、その差は最大でも9円と微々たるものにはなります。

ロンドンの地下鉄運賃は、そうはなりません。

先にご紹介した、オイスターカード等の非接触式カードを使った場合の運賃(注 執筆日時点)ですが…


例)ゾーン1内各駅相互間で乗車した場合
  IC  2.40ポンド(約320円。ただし執筆当時のレート、以下同)
  きっぷ 4.90ポンド(約660円)

なんときっぷ運賃はICの2倍以上。
日本でたかが最大9円の差を騒いでいたのとは比較にならないくらいの差ですね。
ロンドン市民は、それを承知で、ほぼ全員ICカードで乗降しています。

ちなみに、イギリスの鉄道運賃の刻みは10ペンス(0.10ポンド)です。
ポンド通貨の最小取引単位は1ペンス(0.01ポンド)ですから、日本でいう10円単位運賃と同じようなイメージといえるでしょう。
「IC決済なら単位が細かくても問題ないだろう」と1円単位運賃を断行した日本とは大きな違いです。

3.ICカードを使用した場合、キャップ機能で引去り上限額以上は自動的に引去られない


オイスターカードには、日本のIC乗車券にはない強力なシステムがあります。

それが、この「キャップ」機能にあります。


簡単にその機能をご説明いたしますと、

「その日利用したゾーンと時間帯に応じて、SFの引去り上限額を設定し、その上限額に達した場合、それ以上はSFを引去らない」というものです。


ゾーンと時間帯別のキャップ額一覧はロンドン交通局サイトに掲載されています。

http://content.tfl.gov.uk/adult-fares.pdf


たとえば、ロンドン都心部「ゾーン1」のみを利用した場合のキャップ額は時間帯に関係なく6.50ポンドです

同区間のIC普通運賃が2.40ポンドですので、3回乗車するとこのキャップ額に達し、それ以上は引去られなくなります。


一日乗車券を買って元が取れるかどうかを迷ったり、いざ乗車した後でその乗車券では損をすることがわかったりしたというご経験はどなたもおありかと思いますが、オイスターカードにはICの利点を活かしてその心配をさせない強みがあります。


なお、オイスターカードとは別に一日乗車券(トラベルカード1日用)も発売されていますが、その発売額はオイスターによるキャップ額と同額もしくは高く設定されていますので、短期間の利用であればオイスター利用のほうが断然お得になります。

(連続5日間以上の長期にわたり利用する場合は、定期券タイプのトラベルカードが1週間からの有効期間で発売されていますので、こちらのほうがお得になってきます)


London Tube - チューブ…ロンドンの地下鉄
「ロンドン交通庁は非営利です。
なぜなら収入はすべて運行とサービスの改善に使われるからです」
…と言われても、日本人には高すぎる、イギリスの物価であった

London Tube - チューブ…ロンドンの地下鉄
イギリスでは、エスカレーターは「右に乗り左を空ける」大阪方式。
そもそも今の日本ではエスカレーターを歩行することを事業者として推奨しないので、
こういったところに安全と責任問題に関する意識の差が垣間見える


その他、オイスターカードのうれしい機能たち


オイスターカードにもデポジット制度があり、その額は3.00ポンド(約400円)です。

カードの購入、チャージともにクレジットカードが利用でき、クレジットカードでチャージする方法が限られている日本の後進ぶりが目に見えてきます。
(日本の後進ぶりといえば、ほかにも言葉の壁だのWi-Fi環境が貧弱だの色々あるのは承知の上ですが本稿の筋ではないので省きます)

日本の交通系ICカードにない特徴として、残額が10ポンド以下のときは券売機を旅客が操作するだけで残額のみの払い戻しを受けることができます
この点も、短期滞在者のオイスターカード導入を後押しする、日本より進んだサービスといえるのではないでしょうか。
私も、オイスターを使い倒したあと、ヒースロー空港の駅の券売機で残額を全部現金に戻しました(カードの購入やチャージをクレジットカードで行っていても現金戻しとなります)。

London Tube - ロンドンの地下鉄
地下鉄の駅にある券売機。
チャージの際は決済の前後でそれぞれカードをタッチするというのが少々面倒。
ただ、どこでもクレジットカードが使えるというのは大変便利である。
ちなみに、一応日本語での画面表示も可能

日本の鉄道界は、実務の面でも趣味の面でも、どこか「温故知新」のうちの「知新」が抜けているような印象が否めません。
年間訪日外国人2,000万人の時代。そしてまだまだと思っていながら実はもう目前に迫っている東京五輪。
彼ら、ひいては私たち日本人も、よりわかりやすく親しみやすい制度とサービスが確立されればと、切に願います。



【英国見聞録No.5】指定席

Reserved Seat - 指定席

イギリスの鉄道を象徴する光景のひとつに、この座席指定カードがあるのではないでしょうか。

イギリスの鉄道運賃は座席等級別に定められており、1等用と2等用で運賃が異なります。
また、日本のような急行券の仕組みはなく、乗車券さえ持っていれば、時速200kmの高速列車でも都市近郊の通勤電車でも乗車することができます。
(ちなみに寝台列車には寝台料金の設定があります)

また、中距離列車以上になると、座席指定をすることもできます。
日本円で数百円程度の座席指定料金を払うことで、確実に座席を確保することができるという仕組みです。
区間によっては混雑する区間もあるため、立席を回避したい場合には重宝します。

ところで、座席指定制を敷く場合に、日本で行われているような「指定席車両」「自由席車両」の区別がイギリスにはありません
座席指定を受けている区間はもちろんその指定券の保有者の専用席となりますが、指定を受けていない座席は、誰でも座ることができるという仕組みなのです。

そこで登場するのが冒頭にご紹介した座席指定カード。
座席番号と指定区間が記載され、該当する座席の背もたれの上に差し込まれます。
当然、この区間で違う人が座っていると、大顰蹙を買うわけです。

面倒になってくるのは、始発駅でこのカードを差す乗務員かと思いますが、座りたい人のためのサービスを維持しながら、使用できる座席は最大限活用するという大変合理的なシステムです。

日本でも、「ひたち」「ときわ」「スワローあかぎ」などの一部の特急列車で、似たような座席活用の試みが始まっています(座席未指定券を使用)。
少子高齢化社会に一矢報いる広がりをみせてくれるのでしょうか。

Virgin Train
全英で高速列車を運行するヴァージン・トレインズの車内では、カードの代わりに座席上の液晶画面で座席指定を受けた区間を表示してくれる。
黄色ランプ」で座席指定区間の接近を表すのみのE657系よりずっと親切だ



【英国見聞録 No.4】ビートルズ

イギリスがEUを離脱することが国民投票で決まり、大混乱になっているようです。
まさか今年がヨーロッパ史上歴史的な一年になるとは思いもよりませんでしたね…
しかしこの円高水準、いまイギリスに行きたかったです

さて、きょうは1966年に"The Beatles"が来日してからちょうど50年になる日だそうです。
せっかくですので、今回の英国見聞録は、ビートルズについてお話ししたいと思います。

日本でもいまだに絶大な人気を誇り、現代の数々のミュージシャンたちにも影響を与えてやまないビートルズですが、その発祥の地は言わずもがな、イングランド北西部の港町リヴァプールです。


Liverpool Lime Street station
リヴァプールの鉄道の玄関口、ライム・ストリート駅。
大きなアーチ形天井、外光をふんだんに取り込むガラス張りなど、日本にはなかなかないデザイン

Mathew Street

Mathew Street

Mathew Street

Mathew Street
ビートルズファンなら誰もが知る、リヴァプールの繁華街マシュー・ストリート。
その一角にある「レノンズ・バー」の入口には、有名な"Imagine"の歌詞が掛けられていた

Mathew Street

Mathew Street
ビートルズがデビュー前の日々を過ごした「キャヴァン・クラブ」。元の場所のすぐ近くに再建されている。
店の脇に、レノンがなんだか当たり前のように寄りかかっているのも、またいい。

Beatles Story
ここもマシュー・ストリート…と思いきや、これは港湾再開発地区アルバート・ドックにあるビートルズ記念館「ビートルズ・ストーリー」の館内。
ビートルズが生まれたころのマシュー・ストリートを再現している

Beatles Story

Beatles Story

Beatles Story
「ビートルズ・ストーリー」は、ビートルズの足跡を数多くの再現セットを使って紹介している。
スタジオの片隅に張られた"This Week's Top 10"には、かの有名な「スキヤキ」の文字が。
(坂本九の「上を向いて歩こう」のイギリス版。実際に1962年の全英チャートで10位にランクインしているそう)

Beatles Story
来日から50年。館内には、50年前の7月、日本武道館でのコンサートがあったことをちゃんと紹介している

Beatles Story
レノンが愛用したピアノ。小さな博物館だが、展示品も充実している

Beatles Story
"Imagine"のイメージブース。オノ・ヨーコの芸術性も垣間見え、レノンとヨーコの平和活動まで知ることができる。
ヨーコの話となると、不思議と親近感がわいたものだ

Liverpool
ビートルズ・ストーリーにほど近い広場にある4人の等身大銅像。なかなかの迫力である

Liverpool
アルバートドックにかかる鎖には、いたるところに無数の南京錠が掛けられている。
「未来への堅い愛情」を願ってこのように南京錠をはめるのが流行したそう。
鎖の保守には手を焼いているそうだが…


ビートルズファンとしては、やはり発祥の地を訪ねれたことは大変感慨深いものでした。
ロンドンのアビー・ロードに行けなかったのが今でも心残りですが、それはまたどこかで得られるであろう次の機会に回すことにします。



プロフィール

てつた

Author:てつた
KR鉄道館

元駅員さん。
社会人2年目の、法学部卒
へっぽこ新米プログラマー。
たまには旅に出たい。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR